白髪の予防法は日頃生活習慣で対策すべき?

このページでは白髪の予防法について紹介していきます。 白髪が出てしまってからの改善は、白髪染めなどを使わない限り対処する方法がありません。 「白髪を改善するよりも、白髪が出ないようにする」ことを意識しないとダメなんです。 具体的にどんなケアが必要になってくるのか見ていきましょう! 日頃の生活習慣次第でドンドンと白髪の数も減っていくかも!?


◆白髪になるのはなぜ?

白髪の予防法考えるには、まず「なぜ白髪が起こってしまうのか?」を考えるべきでしょう。 白髪はメラニン色素が何らかの要因によって、色素がうまく発色できていないことが原因。 「何らかの要因を言ってくれよ」、と思うかもしれませんが、残念ながらメラニン色素が発色されない原因は分かっていません。 ただメラニン色素がうまく生成されないということは、「髪の毛に本来もたらされるはずの血液量が足りていない」との見方が大きいです。 髪の毛は血液を通じて栄養を吸収し、髪が生成されていきます。 しかし髪が完全体になる前に血液供給がストップしてしまっていることが白髪になる理由です。 つまり白髪の原因を紐解いていくと、「頭部に存在する毛細血管からの血液が、毛乳頭にしっかり届いていない」という可能性が高いです。


◆髪に血液を送り込むには?

原因が分れれば予防の仕方も見えてきますね。 やるべき対策は3つ。

・血液量を増やす

・血液をサラサラにする

・血管を収縮させない

この3つについて解説していきます。 まず血液量を増やすには食生活が重要。 血となるタンパク質や亜鉛、ビタミン、ミネラルなどをたくさん摂って、 血液が不足しないような食生活を送るべきです。 幸いにも食材でこういった成分が含まれているものが日本には多いです。 しかもサプリメントで簡単に摂取することもできるので、すぐにでも自分でケアできますね。 次にできる予防は血液をサラサラにすること。 血液をサラサラにするには、血中コレステロール濃度を下げる必要があります。 血中コレステロールを下げるには脂肪の摂取を控えること。 普段食事で脂肪分の多いものばかり食べていると胃や腸に滞留するだけではなく、代謝して血液中にもコレステロールが入ってしまうんですよ。 そうなると濁り水のように血液の流れが悪くなります。 例えば排水溝を綺麗にするには、洗剤を使って掃除しなければいけません。 その役割を担っているのがビタミンとミネラル。 ビタミンが洗剤役、ミネラルが水役と考えればわかりやすいかも。 2つの成分を使うことで血管が綺麗になります! そして、もう一つ必要なことは血管を収縮させないこと。 いくらバランスの取れた食生活を送っても血管の管が細ければ、通る血液量は限られます。 血管を細くしてしまう要因は睡眠不足やストレス。 脳にリラックス効果が生まれていない時は脳が緊張状態を体全体にもたらすため、 血管が収縮しがち。 普段悩みが多い人ほど白髪になってしまうのは、そのためです。 常ににリラックス作用を与えることが白髪予防のカギを握っています。


◆対策をしても白髪が出てしまったら・・・

食生活の改善、睡眠の改善、生活環境の改善を促しても、今ある白髪を治すことは無理です。 「白い髪の毛が黒くなる」ことは残念ながらありませんからね。 「ゆで卵は生卵に戻せ」というぐらい無理難題なものです。 もし白髪が出てしまったら白髪染めやヘアカラーを使って応急処置的に直していく以外方法はないでしょう。 部分的な白髪染め用としてリタッチもあるので、今は髪を傷めずに改善する方法もあります。 今ある白髪は白髪染めなどで対応して、これから生えてくる可能性がある白髪は、 生活習慣の改善で無くしていきましょう。



トップへ戻る