白髪が生えやすい人にはこんな特徴があった!

このページでは白髪になりやすい人の特徴について紹介していきます。 例えば、50代や60代になって薄毛が目立つ人、白髪になってしまう人、全く変化がない人など様々ですね。 その中で白髪になりやすい人ならではの特徴はどんなものがあるのか。 白髪の原因を探ることで、今後の改善策も見えてきますよ!


◆白髪が生えやすい人の特徴とは

白髪になってしまう人は薄毛の人とは違い、毛乳頭自体は小さくなったり、 劣化しているわけではありません。 髪の毛を作り出す機能自体はあるわけですから、改善することは十分に可能。 白髪になってしまうのはメラニンが足りないのが最大の要因。 メラニンは「チロシン」というアミノ酸から作られている物質です。 日本人はユーメラニンという黒色色素を含んだメラニンを多く含有しています。 このユーメラニンが減少して髪の毛に色がつかなくなって白髪が生まれるというわけなんです。 白髪になりやすい人はユーメラニンの量が減少してしまうような行動を起こしがち。 具体的には乱れた食生活やストレス、病気がちなど。 例えば食事制限をしてタンパク質の量が減ってしまうとユーメラニンを生成する能力も衰えてしまいます。 タンパク質の減少は脂肪だけでなく、メラニンの減少にもつながることなのでやめましょう。


◆白髪を引き起こしてしまう食生活とは

タンパク質の摂取が少ないとユーメラニンが作れなくなると話しました。 タンパク質を多く含有しているのは、牛肉や豚肉、鶏肉、卵、大豆製品、乳製品など。 これらの1日の摂取量が足りていない可能性もあるので、食生活を見直すところから始めましょう。 ちなみに1日あたりの平均必要量は、農林水産省のホームページでも 取り上げられているように、成人男性で50g、成人女性で40gです。 もしタンパク質の量が十分なのに白髪が増えてしまうということは、 摂取したはずのタンパク質がうまく吸収できていない可能性があります。 タンパク質の吸収を高めるにはビタミンB群がないといけません。 ビタミンB群は糖質の分解を助け、タンパク質の吸収を促進します。 ビタミンB群とタンパク質はセットで取ることを意識したいですね。 ビタミンB群を多く含んだものは玄米、うなぎ、納豆、卵、マグロ、バナナなどがあります。


◆白髪は自己改善できるのか?

例えば、一度生えてしまった白髪が生え変わりもせずに黒くなるということはありえません。 すなわち即効性のある対処法は残念ながら、ないのが現状。 ただ髪の毛の中で白髪の割合が1割にも満たない程度であれば、 食生活の改善で黒髪の比率をさらにアップすることができるでしょう。 逆に髪の毛の大部分を白髪が占めてしまうようなら食生活の改善だけでは無理でしょう。 そういったときは活性酸素の働きを抑制する育毛剤やサプリメントを使っていかないと、 なかなか治りません。 活性酸素の抑制に役立つのか抗酸化作用があるものや消炎作用があるもの。 具体的にはビタミンCやポリフェノール、シラカバエキスなどがあります 改善できるとしても半年後、あるいは1年後、2年後など長期的なケアが必要になってきますので継続的にケアしていきましょう!



トップへ戻る